--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.24

2012年の締め括り、釣果は?!


✓ 12月15日(土) 午前7時半~午後12時
✓ Big Flat Brook
✓ 天気 晴れ、気温 -6~+5℃前後
✓ 水量少なめ、水質クリア、水温冷たい
✓ 釣果:Brook 3


2012年も大詰め。年明けまで釣行に出かけられそうにないので、結局これで今年最後の釣行。何とかボウズは逃れたい、という想いで臨む。


さすがに寒くなってきた。7時半時点で、気温はマイナス6℃。ガイドも凍るし、手はかじかむし、やっぱり氷点下は厳しい。

流れの緩やかな箇所は氷が張り始めた。
↓↓↓
20121215 BFB 1


といいつつも、冬の釣行はケッコー好きだったりする。ひと気が少ないし(タイミングと場所によってはハンターがいるけど…)、蚊に刺されないし、汗かかないし、なにより、殺伐とした雰囲気がイイ。



というわけで、前回魚影が確認できていた下流域の倒木周辺から攻めてみる。


魚影は確認できたものの、まったく反応がない。あまり粘らずに上流へ歩いて移動。三橋エリアまで練りあがるも魚影も確認できず。仕方なく車でさらに上流へ移動することにする。



ここのところ調子の良かった倒木周辺。
↓↓↓
20121215 BFB 6



ケッコー岸近くにも居ることがあるので、ホフク前進で近づくも、手前には魚影が無い。根掛かり覚悟で倒木の下へストリーマーを潜り込ませる。水量が微妙に減ってしまっていて流れが弱く、なかなかうまく潜り込まない。軽くしてしまうと、倒木に引っかかりやすくなり、重くすると川底に沈みきってしまって流れていかない。

四苦八苦しながら何とか潜り込ませると…


ググッ!


キタッ!隙間に潜り込まれないように、半ば強引に引きずり出す。ところが、魚影が確認できたと思ったら、水中で翻って外されてしまった。ん~、無念。40くらいのブルックだった。


一匹では無いはず。ということで、同様に倒木の下へ潜り込ませる。すると…


おぉっ、さっそくキターッ!


今度も強引に引き抜く感じで、何とかランディング。
Brook 40cm
↓↓↓
20121215 BFB 3



さすがに場が荒れたようで、反応が止まる。下流のポイントへ。


そうそう、この寒々しい感じが、ケッコー好き。
↓↓↓
20121215 BFB 7



ここも前回魚影があったが、釣れなかったところ。
↓↓↓
20121215 BFB 12



ストリーマーを流していると…


キターッ!


ありゃ、軽い。チビブルック。でも、美しい。
Brook 24cm
↓↓↓
20121215 BFB 10



さらに、同じポイントでラインを長めに出して下流を探る。



キターッ!



こんどはなかなかのサイズ。
Brook 38cm
↓↓↓
20121215 BFB 11



どういうわけか、本日はなぜかBrookのオンパレード。パレードという割には4匹しかフックしてないけど…。好きなブルック尽くしで2012年を締めくくれたので良しとしよう。



本日学んだこと:

それにしても、なんでブルックばっかりだったのだろう。この時期ブラウンを見かけなくなるのは昨年も同じだったけど、1日にブルックを4匹も掛けたのは初めてだ。いずれにしても、倒木など障害物のかなり奥の方に隠れていて、ほんとに目の前まで流さないとなかなかバイトして来ない感じ。産卵時期で、さすがのブルックも慎重になっているのかな。




















スポンサーサイト
2012.12.17

久々のマンハッタン


久々に釣行記以外の記事。


サンクスギビングを過ぎると、アメリカはすっかりクリスマス・ムード一色に。

我が家でもクリスマスツリーが登場。
アメリカに駐在しているときだけの、ならでわサイズ!
↓↓↓
20121125 Xmas Tree



そして、この日、12月7日は、久々にマンハッタンに出張。

マンハッタンへは、家からは車で20~30分というところ。特段の用が無ければマンハッタンに行くことはほとんど無いため、今回も2、3ヶ月ぶりくらいかな。


ジョージ・ワシントン・ブリッジから入り、ウェストサイドを下っていくと、スペースシャトル発見!まだ居たのね。
↓↓↓
20121207 Orvis 1



うっとうしい会議はお昼ごろには終了。久々にKatsuhanaでカツを食べ、ついでに五番街をフラフラすることに。そういや、Orvisが五番街にあったのを思い出した。

NYライブラリーの向かいに行ってみる。
↓↓↓
20121207 Orvis 2



ところが、こちらは服飾関係しか売っていない。店員に聞くと、2ブロックほど北へ歩いたところにもう一店舗あり、フィッシングギアが置いてあるとのこと。


さっき通ったけど、小さな入り口で全く気づかなかった。
↓↓↓
20121207 Orvis 3



手前は衣料品、奥に釣具が置いてあった。まあまあ広い。
↓↓↓
20121207 Orvis 5

20121207 Orvis 8




ウェブで見ているので特段目新しい感じはしないけど、実物を目で見るとではやっぱり異なる。


ロッドを手に取れるのはグッド。ほぼフルラインナップ。
↓↓↓
20121207 Orvis 4



Orvisでもクリスマスのギフト商戦真っ盛り。
↓↓↓
20121207 Orvis 6



せっかく来たから何か買わないと…的な田舎モノ根性丸出しで、手を出してしまったのがコチラ。

Trout of North America Calender 2013
↓↓↓
20121211_Trout Calender 1



なかなかいい感じ。
↓↓↓
20121211_Trout Calender 420121211_Trout Calender 5


それにしても、北米にこんなにたくさん種類のトラウトが生息しているとは知らなかった。



2012年もあとわずか。あと何匹つれるかな…。


2013年ももうすぐそこ。来年こそはNJ以外の州も行ってみたい…。















Posted at 04:45 | その他 | COM(0) | TB(0) |
2012.12.06

サンクス・ギビング!


✓ 11月24日(土) 午前7時半~午後12時
✓ Big Flat Brook
✓ 天気 晴れ、気温 +0℃前後
✓ 水量ふつう、水質クリア、水温不明
✓ 釣果:Rainbow 1


この週、米国はサンクス・ギビング。


毎年、我が家でもターキーを焼く!
↓↓↓
20121122 Turkey 1




決してマズくはないのだけど、ちょっとクセがあるので、たくさんは食べられない。食べ切れなかった分は、結局カレーに入れちゃった(笑)


そして、サンクス・ギビングと言えば、翌日のブラック・フライデー。あちこちでバーゲン・セールが始まる。サンクス・ギビングって、なんだか日本の正月みたい。お節料理を食べる替わりにターキー食べて、初売りの替わりにブラック・フライデーがある、みたいな…。

昔はバーゲン・セールと聞くと、胸が高鳴ったものだけど、米国に来てからというもの、酒も飲まない、おしゃれもしない、まさに仙人のような生活のおかげで、すっかり物欲も無くなり、バーゲンといわれても欲しいものが思い浮かばない。

仕方が無いので、家から車で5分のRamsey Outdoor Storeへ物色に行ってみた(無理して行くこともないのだけど…)。お店に着いてフライヤーを眺めていると…


「All Fly Reel 20% Off」


の文字が飛び込んできた。というわけで、Orvis CFO II を衝動買い。
↓↓↓
20121123 CFO 1



ま、手持ちのOrvis Battenkillも、この一年半、たった一つのリールで使い倒したからなぁ。ボーナスも出ることだし、自分へのご褒美としておこう。嫁には内緒で…。



というわけで、この日はCFOの筆おろし。なんとかボウズは避けたい。



下流のハンターの少ないエリアからスタート。が、大中小の3匹の魚影を確認するも、ヒット無し。反応はするんだけど、見抜かれている感じ。


時間も少ないので、上流へ。前週に50オーバーを釣ったポイントへ。
↓↓↓
20121125 BFB 3



まだ居るはず、と、姿を見られないように身をかがめて身長にアプローチ。すると魚影を3匹発見。そーっとストリーマーを落とすと…


キターっ!


一匹が喰らいついてきた。
Rainbow 40cm
↓↓↓
20121124 BFB 1


残りの2匹は驚いて倒木の下へ逃げ込んでしまい、反応無し。



少し下流で、魚影を発見するも、反応無し。



結局、この一匹だけ。ま、CFOの筆おろしで、ボウズを逃れられただけ、良しとしよう。というわけで、本日は打ち止め。



本日学んだこと:

引き続き、産卵のために岸に寄っている様子。ツガイで泳いでいる感じ。ただ、ツガイでじゃれあっている奴らは、ほとんど反応しなかった。まさに産卵しようとしているところだったんかな…。
















2012.12.01

サイズ良し、数はダメ…


✓ 11月17日(土) 午前7時半~午後12時
✓ Big Flat Brook
✓ 天気 晴れ、気温 -2℃前後
✓ 水量やや多め、水質クリア、水温不明
✓ 釣果:Rainbow 1



最近、眠い。朝が起きるのがつらい。


釣りのときは、早起きは全く苦にならなかったのだけど、齢取ったかな…。寒くて布団から出られない、というのもある…。


この日も朝は氷点下。いよいよ冬到来といった感じ。
↓↓↓
20121117 BFB 1



ハンターを避けて、上流のプールから入る。


一時期通っていたプールだけど、全く魚影が見当たらない。しばらく粘ったけど反応なし。しかたなく、ポイントを移動。

この日も、細かいポイントも丁寧に攻めていくことにするも、途中2回バラシ。たぶん、どちらも40センチ級。バラシはしたけど、まだまだトラウトが居ることが確認できて勇気付けられる。やはり細かいポイントを攻めれば、何とかなる。


とは言え、この2回のバラシが効いて、10時過ぎまで釣果無し。この日は昼ごろまでにはあがらなくてはいけないので、いよいよ「ボウズ」の三文字がチラつき始めて、やや焦る。



頼みの綱のポイント。川幅は狭いけど、ケッコー深い。
↓↓↓
20121117 BFB 4



倒木のかなり奥までアグレッシブに攻めていると…


あれっ、根掛かり?と思いきや…生命反応!


Rainbow 51cm
↓↓↓
20121117 BFB 2




土壇場で、ボウズを逃れ、しかも50センチオーバーをゲット!



というわけで、本日はこれにて打ち止め。



本日学んだこと:

10月ごろまでは、目視できるようなところを平然と泳いでいるヤツもいたけど、11月に入り、倒木などの障害物の陰に隠れるようになってきた感じ。そういや、よくよく昨年のことを思い起こすと、確かに倒木の下からスルスルっと出てきてバイトする場面も多かったような気がする。産卵のために、障害物の周りのやや緩やかな流れの辺りに移動しているんかな。















2012.11.27

あぁ、ついに、あのシーズン到来…


✓ 11月10日(土) 午前7時半~午後12時半
✓ Big Flat Brook
✓ 天気 晴れ、気温 +0℃前後
✓ 水量ふつう、水質クリア、水温不明
✓ 釣果:Rainbow 1、Brown 1


さてさて、今回は話は遡って11月10日の釣行。
と、その前にちょっと小ネタ。


この週は、なんとスノー・ストーム襲来。ハリケーンの翌週にスノー・ストームというのも、なんとも異常気象な感じ。マンハッタンから20分ほどの我が家でも10センチ弱の積雪があった。これが初雪。
↓↓↓
20121108 Snow



11月に入り、サイズは良くなってきているものの、数はいよいよ渋くなってきた。気温も零度を下回る日が増え、厳しい戦いを強いられる。


そして、とうとうあの季節が…。


そう、ついにハンティング・シーズン突入…。


ハンティングに対して賛否両論あるのも知っているけれど、僕自身はハンティング自体に特に否定的な見解を持っているわけでもない。

でも、ここBig Flat Brookでは、フィッシングエリアとハンティングエリアが被ってしまっていて、釣りをしていると、頭の後ろでドンパチ。これ、はっきり言ってかなりつらい…。

ドンパチだけではない。ハンティング・ドッグが鈴を鳴らしながら、そこら中をうろついている。ときには、川にバシャバシャと駆け込み、ポイントを荒らす…。

ハンターが犬に指示を与える大きな声や笛も、山に“引きこもり感”を求める僕には正直かなりシンドイ。

と、これがたまに出会う程度だったら、まだ我慢できる。ところが、ここニュージャージーでもハンティングはとてもポピュラーで、解禁日をを境にハンターでごった返すのだ。


釣り場周辺の道路は、ハンターだらけ。
↓↓↓
20121110 BFB 1

これ、全部ハンターの車…。
↓↓↓
20121110 BFB 2


米国はハンティングが非常にメジャーなスポーツなので仕方ないのかも知れない。うちの近所のスポーツオーソリティでさえ、大きなハンティングコーナーがあるくらい。下手すると、フィッシングコーナーより大きいかも…。



さて、前置きが長くなったけど、本日はハンターが多い下流は避け、少しでも空いてそうな上流のエリアからスタートする。


やや狭めのエリア、流水は早く、深さもある。
↓↓↓
20121110 BFB 4



ストリーマを落とすと、なにやらストリーマに絡み合う魚影が…。なかなか喰わなかったが、少し誘いをかけると…


キターっ!


Rainbow 39cm
↓↓↓
20121110 BFB 3



スタート良し。が、後が続かない。やっぱり魚影は日に日に薄くなっている。こうなると足で稼ぐしかない。さらに足を伸ばして、細かいポイントを攻める。



途中、ハンターがこちらをにらむ。頼むから誤射しないでね。
↓↓↓
20121110 BFB 5



普段は攻めないようなポイントも丁寧に探る。
↓↓↓
20121110 BFB 7



すると…


やっとキターっ!


Brown 30cm
↓↓↓
20121110 BFB 6



最近、大きめのサイズに目が慣れてきたせいか、30センチ級がとてもかわいく見える。しかも、めっきり数が減ったブラウン。


結局、釣果は伸びず。午後に用事があったので、本日はこれにて打ち止め。



本日学んだこと:


11月に入り、一気に魚影が薄くなった感じ。去年の同じ時期も同じような感じだったけど、やっぱこれからの時期、重箱の隅をつつくように、細かいポイントを探りながら、足で稼ぐしかないかな…。















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。